ベルタ酵素

 

ベルタ酵素でファスティングをして痩せたいと考えている人に効果的なやり方はこちら

短期間で一気に体重を落としたい人向け

ベルタ酵素ドリンクで3日間のファスティング(断食)で-3キロ~-5キロ(個人差あり)のダイエットができるやり方です。

ファスティングの3つのポイント

1 3日間はベルタ酵素ドリンクを中心とした食事のみ

3日間もベルタ酵素ドリンクのみで生活しなければならないと考えると難しそうに思えますが、酵素と食物繊維がたっぷり含まれているため空腹感を感じにくくなっています。

ファスティングは、水やお茶となどのカロリーが無くて固形物でなければ摂取しても大丈夫です。

 

2 ベルタ酵素ドリンクを定期的に飲む

ベルタ酵素ドリンクを「朝(昼食まで5時間空ける)・昼(夕食まで7時間空ける)・夜(朝食まで12時間空ける)」とスケジュールを決めておいても良いですが、空腹感が嫌な人は、「2時間~3時間の感覚で定期的に飲む」ことをおすすめします。

消化機能を休めるのが目的にあるので、固形物を摂取せずに上手く過ごしましょう。

 

3 ファスティング終了後は胃を徐々に慣らしていく

ファスティング後も大事なポイントとなっています。ここでカロリーが高い物や脂質が高い物を摂取してしまうとファスティングの意味が無くなってしまいます。

胃に優しいカロリーの低い物を徐々に摂取して胃を元の状態へと慣らして行きましょう。

 

モデルやタレントも活用している定期的ファスティング

1日のみ3食をベルタ酵素ドリンクに置き換えるやり方です。ファスティング初心者は、まずはこのやり方が良いかもしれません。

短期集中よりも気軽にチャレンジできるのでファスティングを継続しやいです。モデルやタレントもこのやり方を採用していて、3日に1回はファスティングにするという人もおられるようです。

体重や肌質をキープしつつ、徐々に痩せやすい体質へ変えていきたいと考えている人はこのやり方がおすすめです。

 

ファスティングで気をつけることとは?

ファスティングに気をつけることは「準備期間を作る、固形物を食べないこと、回復食に気をつけること」の3つです。

 

1 準備期間を作る

ファスティングにはしっかりとした準備期間が必要となっています。一般的には「ファスティングを始めようとする3日間、糖質の多い食べ物を控える」ことが良いとされています。

徐々に体内を痩せやすい体に導くための準備運動と考えましょう。

 

2 固形物を食べないこと

ファスティングは胃を休めることが目的の1つです。そのため酵素ドリンク以外の物を摂取する場合は消化が良い物を選びましょう。

応急処置として炭酸水を飲むと良いと口コミで言われています。

 

3 回復食に気をつけること

ファスティング中(後)は吸収率が高い状態になっているため、糖質や脂質を摂取すると普段よりも影響しやすくなっていますので食べないようにしてください。

回復食をする目安は3日間でこの期間の間は「おかゆ、具なし味噌汁、温野菜スープ」などがおすすめです。

 

bottan01

 

berutabottan